SCR3310-NTTComのWindows11で使用する方法

IT

確定申告の時期が来ました。
今まではWindows10のパソコンで確定申告をしていたのですが、今年は新しいパソコンを購入したのでWindows11になっています。

マイナンバーカードを読み取るためのICカードリーダー SCR3310-NTTComのドライバーをインストールしようとしました。
しかし、公式サイトを見てもWindows10までの対応であり、Windows11には対応しておりませんという記載がありました。

ICカードリーダライタ(SCR3310-NTTComの主な仕様/ダウンロード) | NTTコミュニケーションズ 法人のお客さま
国税電子申告・納税システム(e-Tax)に代表される公的個人認証サービス(個人番号カード/住民基本台帳カード)や、PCセキュリティのICカードによるログイン認証、PKI等に利用するときに必要な機器です。

気にしないでインストールしたところ、インストール自体はできたのですが、ドライバーがうまく当たっていないのか、USB接続するとエラーが出てしまいます。

途方に暮れていたのですが、Windows11で動作するように解決したことを記載している人がいたのでやってみたらうまく動作しました。

SCR3310-NTTComでコア分離を有効にする : ざっくり書いていく
SCR3310-NTTComで、Windows11のコア分離が使えない問題を解決したのでメモまずは、古いドライバーを削除します1.管理者権限のコマンドプロンプトを起動します2.「pnputil /e」と入力して、「nsr33x64.sys」の公開名「oemXX.inf」(XXには番号が入る)等をメモ3.「pnputil...

前半のほうに記載してある「古いドライバーを削除」はやってもエラーしてできなかったので無視。

下記サイトのWindows 11 Driversをダウンロード

SCR3310v2.0 USB Smart Card Reader Drivers, Downloads, Support | Identiv
Identiv SCR3310v2.0 USB Smart Card Reader drivers, downloads and support

下記手順で、ドライバーをインストール

  1. デバイスマネージャーを開く
  2. 「SCR3310-NTTCom USB SmartCard Reader」を探し、ダブルクリックで開く。
  3. 「ドライバーの更新」をクリック
  4. 「コンピューターを参照してドライバーを検索」をクリック
  5. 「コンピューター上の利用可能なドライバーの一覧から選択します」をクリック
  6. 「すべてのデバイスを表示」を選択したまま、「次へ」をクリック
  7. 「ディスクの使用」をクリック
  8. 「参照をクリック」し、「SCR3xxx_Win11_vX.XX」を解凍したフォルダにある「SCR3XX.inf」を選択し、「開く」をクリックし、「OK」をクリック
  9. 「SCR3310 USB Smart Card Reader」を選択し、「次へ」をクリック
  10. 「Windowsによってこのデバイスドライバーがハードウェアと互換性があることを確認できなかったため、このデバイスをインストールしないことをお勧めします」と出ますが、無視して「はい」をクリック
  11. 「ドライバーが正常にインストールされました」と出れば完了

動きはしましたが、上記内容は補償はしませんので、自己責任でお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました